ランニング 股関節 筋肉痛

ランニングで股関節が筋肉痛!?その原因とは

スポンサーリンク

ランニングで股関節が筋肉痛になるのにはどんな原因が考えられるのでしょうか?
ランニングをはじめたばかりのひとは走ったあと股間節に痛みが出る人がおおいです。
このまま続けていいのか心配ですよね。
原因としてはいろいろ考えられます。
はじめてばかりのひとであれば全体的に筋力不足。
足への負担に耐え切れずあちらこちら不具合が出ていると考えられます。
ランニングで股間節が筋肉痛になるのにはいろいろな要因がありますね。
まず運動をほとんどしないひとの場合ランニングに必要な足の筋肉がほとんどなく筋力不足が考えられます。
次に体は硬くありませんか?
股間節も年齢とともに固くなります。
足を動かすのに股間節の部分に負担がかかっているのでしょう。
体の硬さはフォームをある程度固定できるのでいいというひともいて、諸説ありますが、体が固いひとは怪我もしやすいことを考えると股間節は十分ほぐしてから走ったほうがいいでしょう。
あまりにも股間節付近の筋肉痛がきになるときは整形外科に行き、骨や関節に異常がないことを確認してみてください。

スポンサーリンク

ランニングを続けることによって筋力が付き、それとともに股間節の痛みがおさまってきたというひともいます。
股間節の筋肉痛といっても鼠径部がいたいのか、足の付根がいたいのかであなたの弱い部分が変わってきます。
筋肉痛は弱い部分に出やすいです。
走るのに必要な臀部の筋肉が不足している場合でも足の付根に負担がかかり筋肉痛になることもあります。
おしりの筋肉の足りない部分を足の付根や腰などでカバーして、結果その部分が痛むのです。
その際はおしりなどの筋肉も鍛えてきちんと走れるようにしなくてはなりません。
腸腰筋といって足を上げるときに用いる筋肉が弱いと、足をあげる動作をほかの部位をつかってあげようとして痛める場合もあります。

スポンサーリンク