ランニング ふくらはぎ 筋肉痛

ランニングでふくらはぎが筋肉痛になったときの回復するコツとは

スポンサーリンク

特別な運動器具も必要なく気軽にはじめられる爽快感あふれるスポーツとしてランニングの人気が年々高くなっていますね。
ランニングをはじめたばかりの人が困るのがふくらはぎの筋肉痛。筋肉痛は日にち薬といわれているようにある程度時間がたてば回復していきます。
とはいってもなるべく早く回復したいですよね。
筋肉痛を回復するにはいくつかポイントがあります。
まずは痛いところを冷やすことが大事です。
冷やしてみて痛みが引いたらシップや消炎剤を塗ってみて様子をみましょう。
マッサージもいいといいますが、私の場合はもみ返しが怖いのであまり激しくはやりません。
運動を行っている以上多少の筋肉痛はつきものです。
なるべく症状が軽くおさまったり早く回復するように予防をしておくのも大事になってきます。
ランニングをするたびにふくらはぎばかり筋肉痛になるようだったら、もしかしたらあなたの走法が少しふくらはぎに負担がかかりすぎている場合もあります。
せっかく健康や趣味のためにはじめたランニングで足を痛めてしまっても残念すぎます。
もし走り方などに問題がありそうならそちらも改善しましょう。
ふくらはぎの筋肉痛がなるべく軽くなるように予防していくのも大事ですね。

スポンサーリンク

ウォーミングアップや運動後のストレッチといったクールダウンも大事です。
ランニングをしようというひとがいきなりウォーミングアップをせずに走りだしたりというのはないと思いますが、念のため。
普段から運動していないひとがランニングを始めた場合は思わぬ怪我になることもあります。
ランニング前のストレッチで体を十分にほぐしておくことも必要です。
同時にランニング後もすぐに休憩するのではなく一手間かけてふくらはぎ、アキレス腱などを十分に伸ばしほぐしておくといいですよ〜
こういったストレッチをランニング前と後に行っておくとふくらはぎの筋肉痛だけでなく体の回復にも効果的です。

ふくらはぎが筋肉痛になったときランニングはどうする?

せっかくはじめたランニングをふくらはぎが痛いからといってやめてしまうのももったいないですね。
三日坊主になってしまうにおいがぷんぷん漂います。
あまり痛くて動くのもままならないなら休養をとること。
もしそういう状況でないなら普段行っているランニングより軽めの運動を行うといいでしょう。

スポンサーリンク