妊婦 すね 痛み 原因

妊婦のすねの痛みが気になる…原因と対策は?

スポンサーリンク

妊娠中はいろいろな体の変化が起こります。
体の中だけではなく腰痛だったり、むくみだったり、そしてすねの痛みだったりと体が痛くなることもありますね。
普通だったら痛みを抑える薬を飲むことで解消することもできますが、体のなかに大事な赤ちゃんを身ごもっているのでやたらと薬をのむわけにいきません。
そもそも妊婦のすねの痛みが起こる原因にはどういうものがあるのでしょうか。
すねの部分が筋肉痛のように痛む場合とこむら返りのようになる場合と大きくわけることができます。
このようなすねの痛みは妊娠中期から後期にかけて起こることが多いです。
妊娠中期を過ぎるとお腹もかなり大きくなっています。
足にかかる負担はそうとうなものです。
また足にかかる力が左右ちがってしまうことでより負担がかかるほうに筋肉痛のような痛みが考えれれます。
また出産に備えて骨盤が開くようにホルモンが分泌されます。
このホルモンが人によってすねの痛みの原因になることもあります。
もともと女性に多い下肢静脈瘤の可能性もあります。
下肢静脈瘤は足の静脈に血がたまり血管が膨らむ病気で足のむくみやだるさなどを伴います。
この瘤は良性なので過度な心配は必要ないですが、ほうっておくとかゆみや色素沈着、足がつったり痛みが出やすくなるので放置せずお医者さんに相談したほうがいいでしょう。

スポンサーリンク

下肢静脈瘤は長時間同じ姿勢で座っていたり、立ち仕事だったり、また妊娠によって発症することが多いです。
予防するには適度な運動や日頃からマッサージなどのケアがおすすめです。
妊婦は体調を崩しやすかったり、大きいお腹で運動など継続して行うことが難しいかもしれません。
でもハードな運動ではなくて軽い散歩でいいので意識して体を動かすことが大事です。
こむら返りも妊婦はよく起こります。
妊婦のこむら返りは妊娠でミネラルバランスが崩れること、また血行不良が原因と考えられています。
そして骨盤が開いていることが原因でこむら返りが起きてしまうのです。
骨盤が開いたり歪んだりしたことによって体を支える足の筋肉が常に横に引っ張られた状態になっています。
このことで足の筋肉が元に戻そうと働くのでこむら返りになってしまうんですね。
もしこむら返りになってしまったらあわてず、呼吸を吐きながらゆっくり足を伸ばしてください。
コチラの対策としても日頃から血行をよくしてあげることが大事です。

スポンサーリンク

妊婦のすねの痛みが気になる…原因と対策は?関連ページ

臨月のひと必見!ふくらはぎが筋肉痛のときの原因と改善方法は?