筋肉痛 熱 病気

筋肉痛と熱の症状があったらどんな病気が考えられるのか?

スポンサーリンク

筋肉痛で痛むところが熱をもっている場合は筋肉が炎症を起こしている場合があります。
そのときは安静すること。そして痛む部位を冷やすことが大事になってきます。
筋肉痛自体が発熱の原因にはなることはないのですが、筋肉痛などで体に負担が出てしまい、その結果熱が出ることがあります。
運動後の筋肉痛いがいにも熱をともない体中がいたいことがあります。
これは違う病気の症状かもしれないので気をつけてください。
風邪を引いて高熱が出てしまうと体中が痛くなります。
この場合元凶は風邪です。早く風邪を治すことに集中したほうがいいでしょう。
薬のなかには関節などの痛みにも働きかけるかぜ薬もあるようです。
風邪で体が筋肉痛のように痛くなるのはウィルスや最近が体にはいったのを免疫細胞がなくそうと戦っていると思ってください。
ウィルスや細菌を体内からなくそうと白血球がサイトカインという物質を分泌します。
これが過剰に出てしまうことがあり、それを抑えようとプロスタグランジンE2というものが分泌されます。
このプロスタグランジンE2は関節痛や痛みを引き起こす作用があります。
それで体が痛くなってしまうんですね。

スポンサーリンク

またインフルエンザも熱と筋肉痛を伴います。
インフルエンザもほうっておくと大変なので気をつけたほうがよいです。
インフルエンザが原因だなと思い当たったらまずはお医者さんに。
インフルエンザの治療を行うと筋肉痛や関節の痛みなどは治まってくるので、まずそちらに専念してください。
風邪でもなく症状がずっと続くようなら膠原病なども考えられます。
2週間以上続いて辛い時はこちらも専門医に相談されたほうがいいでしょう。
膠原病は初期症状で風邪と間違えられやすいです。
全身の血管や皮膚、筋肉などに炎症がおこり湿疹、口内炎、手足の循環障害、しびれなどが症状としてあります。
ただひとによってどの症状が強くでるのか非常に個人差も多いので自分で判断せず早めに相談してくださいね。

スポンサーリンク

筋肉痛と熱の症状があったらどんな病気が考えられるのか?関連ページ

もしかしてHIV感染かも?初期症状の筋肉痛やその潜伏期間は・・・
HIV感染と筋肉痛の関係、期間とは
風邪のときに筋肉痛になる理由と治すときのポイントは
風邪の時に体が筋肉痛になるのはなぜ?治すポイントは?
突然、全身に筋肉痛のような痛みがあるときの原因や対策は?
急に全身筋肉痛になったときのような痛みがあるときは思わぬ病気が原因のこともありますよ。
みぞおちあたりが痛い筋肉痛ってあるの?それって病気?
みぞおちあたりが痛い、筋肉痛があるというのは病気のサインなのか情報を紹介しています。
太ももが筋肉痛!痛みがあるときに考える病気やその原因とは
太ももが筋肉痛で考えられる病気、原因や対処法についてです。