太もも 筋肉痛 病気

太ももが筋肉痛!痛みがあるときに考える病気やその原因とは

スポンサーリンク

太ももが痛い!筋肉痛?久々に運動をしたり、思い立ってダイエットのためにエクササイズをはじめた!
ということであれば思い当たることもあるのでまずは筋肉痛を少しでもやわらげる方法をとるのが一番です。
気をつけなくてはいけないのがそんな運動など行った覚えがないのに痛みがあったり、筋肉痛のような症状があるときです。
思わぬ病気のサインかもしれませんね。
太ももが痛い時、まず腰痛など腰の不具合を考えてみるといいでしょう。
腰というのはほんとうに体の要で、ここが悪いと足などにいろんな不快な症状がでてしまうんですよね。
ギックリ腰などはっきりしたものを患ったことがなくても腰が実は悪かった!!というひともいるので侮れません。
ヘルニアによる太ももの痛みなども考えられますね。
自己診断せず、いつまでも痛みが続くようならぜひお医者さんに診断してもらってください。
太ももが痛い場合筋肉痛ではなく、また整形外科で見てもらえるものが原因ではないことがあります。

スポンサーリンク

循環に不調がある場合など太ももをはじめ足が痛くなることがあるようですよ。
血管が原因のことがあるのです。
そのときに考えられる病気についていくつかまとめてみました。
ひとつは閉塞性動脈硬化症というもの。動脈硬化ですね。
足には腸骨動脈や大腿動脈があります。この血管が硬化して血液がうまく流れなくなると足の痛みやだるさが起こるのです。
そのままほうっておくとさらに状態がわるくなりしびれたりすることもあります。
ひどい時には壊死を起こす場合もあるので侮ってはいけません。
もしあなたに糖尿病などの病気があるならさらに注意が必要になってくるでしょう。
次に急性動脈閉塞が考えられます。
血液が固まって血栓になりそれがつまってしまい引き起こされる症状です。
手や足におこるときは急性動脈閉塞と言われています。
こちらは足の痛みだけでなくしびれたり足が紫色に変色することがあります。
もしそういう状況であれば早めに治療を進めてくださいね。
もともと不整脈ですねと言われたことがあるひとは起こることが多いので気をつけてください。
関係なさそうで太ももなどの痛みには思いがけない循環器の病気のサインがあります。

スポンサーリンク

太ももが筋肉痛!痛みがあるときに考える病気やその原因とは関連ページ

もしかしてHIV感染かも?初期症状の筋肉痛やその潜伏期間は・・・
HIV感染と筋肉痛の関係、期間とは
風邪のときに筋肉痛になる理由と治すときのポイントは
風邪の時に体が筋肉痛になるのはなぜ?治すポイントは?
突然、全身に筋肉痛のような痛みがあるときの原因や対策は?
急に全身筋肉痛になったときのような痛みがあるときは思わぬ病気が原因のこともありますよ。
筋肉痛と熱の症状があったらどんな病気が考えられるのか?
みぞおちあたりが痛い筋肉痛ってあるの?それって病気?
みぞおちあたりが痛い、筋肉痛があるというのは病気のサインなのか情報を紹介しています。