ふくらはぎ 筋肉痛 病気

ふくらはぎの筋肉痛がおさまらない!これって病気かどうか知りたいときは

スポンサーリンク

ふくらはぎの病気がなかなかおさまらない。。。
心配ですよね。
運動などをした後の筋肉痛ならある程度日数がたてばおさまるのでしょうが、そうではない痛みの時は注意が必要です。
なかなかおさまらなかったり、あきらかに普通の痛みとは違うなと感じたら早めに病院にいってみることをオススメします。
さてふくらはぎの筋肉痛以外で痛みがおさまらない・・・
そんな時はいろんな体の不具合がふくらはぎの痛みにつながっている場合があります。
たとえば坐骨神経痛。
坐骨神経痛とは腰から足にかけて走っている坐骨神経が圧迫をうけたり刺激を受けたりして痛みを起こすものです。
痛み以外にじんじんとしびれたかんじがあるときも。
坐骨神経痛はふくらはぎ自体がわるいのではなく腰痛が原因で起こることが多いです。
ほうっておくと痛いだけでなく歩くのもつらくなります。
これのつらいところは寝ていても痛みやしびれがあることです。
坐骨神経痛が原因でふくらはぎが痛くなった場合まず坐骨神経痛の症状をやわらげる必要があります。
痛みを和らげる方法がうまくいかない場合やほかの病状があらわれたときは手術ということもあります。
まずは坐骨神経痛にならないように普段の生活で予防することが大事になってきます。
座る姿勢が悪かったり、太りすぎだったりすると腰を痛めてしまいますしそこから坐骨神経痛になることもあるので日常生活から気をつけましょう。
ストレッチをしたり冷えを防いだりすることもオススメです。

スポンサーリンク

そのほかにふくらはぎが痛い時にもしかしたら考えたほうがいいのが腎臓の不調です。
腎臓の調子がよくないと足がむくみ、そしてふくらはぎが痛くなることがあります。
そのほか循環器の不調です。
静脈血栓症などが考えられます。
深在性静脈に血栓ができ、ふくらはぎや太ももなどに痛みがおこることがあります。
この場合皮膚の色もかわってくるので、自分のふくらはぎをみて「ん!」と思ったら早期に病院で治療を受けたほうがいいでしょう。
そのほか動脈硬化が進んでしまった場合にもふくらはぎが痛むことがあるようですよ。
今まで紹介したように思わぬ大病のサインである場合もあるので、あきらかに筋肉痛ではないなと感じたら早期に病院で検査などしてみることをおすすめします。

スポンサーリンク